短期間ダイエット


短期間で痩せられる過激なダイエット方法は、痩せることはできますが、結果的に太りやすい体に体質を改悪してしまいます。さらに、長期的に続けると体調を崩してしまい深刻な病気を引き起こす可能性が高いので、オススメしません。

基本的に、短期間ダイエットは「いつまでに痩せたい」ということが目的ですので、その後のリバウンドのことは考慮していない方法が多いです。

このサイトでは、キレイと健康を保ったまま短期間で痩せられるダイエット方法を紹介します。

短期間ダイエットで減少した体重は、ほとんどが水分量や筋肉の減少によるものです。

短期間ダイエットに必要なこと

短期間ダイエットに必要なことダイエットの方法にもいろいろありますが、短い期間でダイエットを成功させようとするのであれば「食事制限」は外せません。やはりこれが手っ取り早く体内のエネルギーを減らすことができます。

もちろんただ減らせばよいというものではありません。体に必要な栄養はしっかり取るということが大切です。これに、ダイエット向きの食事の仕方を加えるとさらに効果的です。

もっと効率的にダイエットをしたいのなら、エネルギーを消費する「運動」もメニューに加えると良いでしょう。この場合、長い目で見て体重を減らす「筋トレ」ではなく、直接的なカロリー消費を目的とした「有酸素運動」の方が短期間でのダイエットには向いています。

そして睡眠です。意外に思われるかもしれませんが、睡眠をしっかりとるということがダイエットにつながるという理由は一つではありません。

痩せる体に体質改善しよう

短い期間で痩せることできた、というだけで満足する人はあまりいないでしょう。痩せた後はその体をキープする、また、もっとスリムになるということが目標となってきます。

短期間で痩せるために行ってきたダイエット方法を、痩せた後もずっと続けるのは、やはりしんどいです。ですから長続きせず、結局また太ってしまうというのがセオリーです。

ダイエットに成功したのなら、そのあとは楽したいですよね。そのためには「痩せやすい体」に体質を改善することが重要です。

普通に生活しているだけでもエネルギーを消費しやすい体作りを目指しましょう。

やってはいけない短期間ダイエット方法

やってはいけないダイエット短期間ダイエットを行う目的は何でしょう?

「一度でいいから痩せてみたい!」ではないですよね。
「綺麗な体になってそれをキープしたい」のではないでしょうか?

そのためには、やってはならないダイエット方法というものがあります。それは「○○抜きダイエット」や「絶食」など、太りやすい体を作ってしまうダイエット方法です。

これらの方法は簡単に体重を落とせるのでついやってしまいがちですが、そのあとのリバウンドは必ずと言っていいほどやってきます。

お腹がすく理由と、空腹時の対処法

太ると分かっているのに、どうして食べてしまうのか。それはお腹がすくからです。

ではどうしてお腹がすくのか、ということになりますが、そのメカニズムを知り、お腹がすいて食べてしまうということの対処法が分かっていれば、これを防ぐことができますね。

短期間ダイエットの方法

必要な栄養素いよいよ短期間ダイエットの方法についてです。

上にも述べましたが、「食事」という項目は欠かせません。簡単に説明しますと、「必要な栄養素は摂りつつ、摂取カロリーは大幅に減らす」ということが重要です。しかし、

必要な栄養素って?
どの食材にどんな栄養素が含まれているの?
今から栄養のことなんて勉強したくないよ。

という人がほとんどではないでしょうか。

もしそうだとしたら、置き換えダイエットが最もおすすめです。でもお金がかかるし…と思われるかもしれませんが、置き換えダイエットはあまり費用の掛からないダイエット方法です。むしろ逆に儲かる場合もあります。

なぜなら、置き換えるのは「食べるもの」だけでなく「食費」も同時に置き換えることになるからです。普段の1食が500円なら、500円の置き換え食品ならタダでダイエットできることになるんですね。

知っておきたい、短期ダイエットの知識

ダイエットには直接関係ないかもしれませんが、

どうして脂肪がついてしまうのか
なぜリバウンドということが起こるのか
どうやって脂肪は燃焼されるのか

などの知識を身につけておくことで、「これは太るからやめておこう」、「これをすれば痩せられそうだな」ということが分かってきます。

効率よくダイエットをする手助けにもなりますし、また太ってしまうことへの予防にもつながりますので、知っておくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>